2007年07月12日

私がルアーフィッシングの訳

川の水位が気になりますね〜・・・

たぶん、私だけじゃなく、釣りをする皆さんも。

昨日の雨でやはり各河川は増水に・・・

今日になって少しだけ水位は、下がってきましたが又雨が降ると直ぐに増水に転じるでしょうネ〜・・・

渓流釣りの人より、鮎釣りの人の方が水位&濁りがよけい気になるでしょう。

何しろ、鮎釣りの出来る期間は短いですから・・・

わたしゃ、鮎釣りをしないので・・・じゃなくて、事情があって巧く出来ないので、友達に誘われても断っています。

もちろん、渓流の餌釣りも巧く出来ないのでしませんけれど・・・

透明のラインや、極端に細いライン、長い竿は距離感が無いから使い切れない・・・直ぐに木の枝に引っ掛けて折ってしまう・・・

だから、フライフィッシングも出来ない・・・

釣りはしたいけれど、どうしたら・・・その時に出会ったのがルアーフィッシングだったんだよね〜・・・

大きいのも釣れるし・・・(^−^)v

ルアーフィッシングだけは、何とかなるのです。

ルアーフィッシングのラインは蛍光色のラインを使用するのと短いロッドを使うからネ。・・・それで釣れるから・・・

藪こぎもロッドが短いから、へっちゃらだし・・・

距離感が無いのは同じ・・・でも、ルアーが飛んでいくのは見えるので、何とかなるんですね〜・・・

サクラマスやシーバスの時はロッドが長くても関係無い・・・

本流だから、木が覆いかぶさっているなんてこと無い。

思いっきりロッドを振っても、対岸に届かない所での勝負だしネ・・・

この続きは又明日・・・




posted by けね at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ルアー釣りを考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47607550

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。